MENU 一般向けMENU
CLOSE

<一般のお客様>

まつ毛エクステンション総合情報サイトまつエク美人

まつエクとは

まつ毛エクステンション(まつエク)とは、「地まつ毛1本に人工毛を1本つける」技法です。つけまつ毛などと比較すると自然な仕上がりになるだけでなく、まつ毛が短い、細い、量が少ない、下を向いているなどに対するお悩みを解消することができます。しかし、目や目もとの施術なので、お客様の安心・安全をなによりも重要視しなければなりません。「ただつければよい」という認識ではトラブルを招きます。衛生管理やカウンセリング、リスクの説明の重要性、トラブルに対する知識だけでなく、用具などの扱い方、装着の方法などあらゆる面において深い知識と習得が必要不可欠です。また、まつ毛エクステンションは厚生労働省により美容師免許と美容所登録が必須と定められています。

  • Before
  • After

はじめてまつエクされる方 「まつエクはこわくない」

まつエクとは
地まつ毛1本に、1本のエクステ(人工毛)を装着します。
まつエクをするとどう変わる?
自分のまつ毛がナチュラルにカールし、長さも長くなるので自然なのにぱっちりとした印象の目元になります。スッピンもばっちりです♪

まつエクについてよくある3つの心配

1.まつエクをすると地まつ毛がなくなるって本当ですか?
正しい技術と知識をもって施術を行い、日頃から正しいケアを行っていれば地まつ毛が減ることはあまりございません。技術認定書を取得した技術者から施術を受けることをお勧め致します。
2.まつエクって痛くないですか?
地まつ毛の根元から1~2mm離してエクステを装着致しますので違和感や痛みはほとんどございません。万が一違和感がある場合は、速やかに施術者にお伝えすることをお勧め致します。
3.まつエクをセルフで行うことは出来ますか?
まつエクをセルフで行うことはお勧め致しません。自ら目を開けたまま装着することで目を傷つけてしまうことがあります。また、複数本の地まつ毛を巻き込んで装着するため地まつ毛の減少に繋がります。

まつエクの施術の流れ


1.カウンセリング
お客様のご希望を伺い、地まつ毛の状態を確認します。

2.テーピング
下まつ毛固定のためテープを貼ります。

3.クレンジング
地まつ毛についたホコリなどをていねいに取り除きます。

4.エクステ装着
地まつ毛をツイーザーでかき分け、地まつ毛1本にエクステ1本を装着します。

5.仕上げ
キレイに装着することができました。

6.アフターケア
ご自宅での注意点や長持ちさせるためのコツをお伝えします。

「目は口ほどにものを言う」というくらい、顔全体の表情を決めるといっても過言ではない目。色を乗せるだけの眉やアイシャドウに比べ、繊細な「まつ毛」のメイクはテクニック次第で仕上がりが大きく左右されます。そこで、まつ毛の3大メイク「まつエク」、「マスカラ」、「つけまつ毛」を徹底比較しましょう。

時短メイクならまつエクをチョイス

「まつエク」は、月に1度、まつ毛のおしゃれを美容のプロにまかせるもの。マスカラ、つけまつ毛は毎日、自分の手で行うものです。1分でも惜しい朝のメイクの時間を短縮する時短メイクなら、まつエクがいいかも!

地まつ毛だって大事にしたい

アイメイクの目的は「目をパッチリ見せたい」「長いまつ毛で目力をアピールしたい」というもの。でも、マスカラ前後のビューラーはまつ毛への負担が大きく、つけまつ毛は外すときに、接着剤と一緒にまつ毛が抜けてしまうことも。まつエクはまつ毛にふれる機会がグッとへるので、地まつ毛にもやさしいんですよ。

「まつエク」「マスカラ」「つけまつ毛」比較表

右にスクロール

  まつエク マスカラ つけまつ毛
普段のメイクに
必要な道具
  • なし(お好みでまつエク専用マスカラ)
  • ビューラー
  • マスカラ(必要に応じて数種類)
  • マスカラ用コーム
  • つけまつ毛
  • ハサミ
  • 接着用のり
  • 必要に応じてビューラー、マスカラなど
普段のメイクに
かかる時間の
目安
  • 0分(まつエク用マスカラをする場合は2〜3分)
  • 5分〜15分
  • 10分〜20分
メリット
  • 美しくナチュラル
  • プロの美容師による確かな施術
  • メイク時間の短縮・自分の目にあうまつ毛デザインができる
  • まつ毛をさわらなくなるため、地まつ毛が傷みにくい
  • 安価
  • サロン通いが不要
  • 自分でできる
  • 安価
  • サロン通いが不要
  • 自分でできる
  • インパクトを出せる
デメリット
  • 自分でできない
  • サロン通いと費用の負担

  • メイクとオフ時間と手間がかかる
  • ビューラーによる負担が大きい
  • マスカラがまぶた等につくのでふき取る必要がある
  • パンダ目になりやすい
  • マスカラのカスが目に入ると痛い
  • 顔を洗うと取れてしまう
  • メイク(のりづけ、ハサミでのカット、装着)とオフに時間と手間がかかる
  • オフ時に地まつ毛が抜ける
  • のりがはみ出ると美しさを損なう
  • 風などでとれてしまう
  • 不自然、派手になりやすい
  • 装着時とオフ後のギャップが大きく、旅行やお泊まりでは敬遠されることもある
    (例:彼氏がビックリなど)
  • 顔を洗うと取れてしまう

PAGE TOP