MENU サロン向けMENU
CLOSE

<サロン様向け>

まつ毛エクステンション総合情報サイトまつエク美人

今から始めるサロン様へ

まつ毛エクステンションをはじめるには

全国の消費生活センターなどに寄せられた「まつ毛エクステンションの危害」に関する相談件数は、2004年以降増加しています。よって、まつ毛エクステンションの技術者はお客様の安全・安心を何よりも重視しなければなりません。また、自分自身で装着するセルフエクステンションなどは危険な行為なのでおすすめできません。

お客様の安全・安心を確保するためには、必要な事項を徹底して習得したうえで、より一層の深い知識と技術の習得、更には高いカウンセリング力もなければなりません。そのためには相当な練習を積み、まずは基本技術をしっかりと身につける必要があります。

用意するもの
備品
ベッド、椅子、ワゴン(スタンドライト)
道具
ツイーザー(両手)、シザーズ、コーム、エアブロア(エアコンプレッサー)、トレー(リムーバー・グルー)
用剤
グルー、リムーバー、クレンジング、精製水、手指用消毒液
材料
人工毛、固定テープ(ジェルパッチ)、コットン、綿棒、マイクロスティック、ビニール袋、タオル類、ガーゼ
その他
店販商材(クレンジング・クレンジングスティック・マスカラ・コーティング剤・美容液)
  • 備品備品
  • 道具・用剤・材料道具・用剤・材料
  • 店版美容液店版美容液

設置する場所

  • ポイント1
    換気が良い場所を選びましょう(温度20℃〜25℃ 湿度40〜70%)
  • ポイント2
    カラー剤を使用する2m以内での施術は避けてください
  • ポイント3
    施術者にぶつかることがないように、施術者の周辺(半径1m)に人を近寄らせないようにしましょう

保険(まつ毛エクステンションの賠償保険)

まずは現在加入されている保険がまつ毛エクステンションに対応しているか確認をとりましょう。 まつ毛エクステンション対応の保険でなかった場合、まつ毛エクステンション対応の保険に加入することを強くお勧めします。施術行為の過失による賠償責任や、販売した商品に起因する賠償責任などに対して補償の対象となります。

例 AIU保険会社「び★すけっと!」

まつ毛エクステンションをメニューに取り入れることのメリット

1.売上の向上

売上は1人の技術者で70万/月は超えることができるといわれています。技術料はもちろんのこと、まつ毛エクステンションならではの店販商品があることも強みです。また、サロンワークだと分担作業ができるので成功しやすいこともいえます。

安全・安心な技術を習得し、お客様に提供することが出来でれば他店との差異化にも繋がります。

2.人材の確保

施術に美容師免許と美容所登録が必須になってから、ヘアだけではなくまつ毛エクステンションが出来るサロンに就職したいという学生が多くなってきています。

3.アイパーツ市場の可能性

まつ毛パーマは現在摘発がすすんでいます。まつ毛パーマはアイパーツ市場の7割を越えていましたが、まつ毛エクステンションは1割強でした。1,500億の市場が今後4,500億まで伸びると言われているなか、まつ毛エクステンションの可能性は非常に大きいと言えます。

PAGE TOP